品質は確か。でも売り方がわからないしかし企画書の体系を手に入れた直後から北陸の豆腐メーカーの、快進撃がはじまる 企画書ひとつでここまで変わるとは。販売に苦しんでいた時代には考えられないことでした。豆腐づくりの腕は確かだが、それだけでは流通の圧力に勝てない。その状況を打開しようとこの講座を受講しました。 新鮮だったのは企画書を「提案するための書類」ではなく、『目標達成のための図面』として捉えた点。世の中でいう企画書が"静"だとすれば、ゴールに向かって、売上を設計していく企画塾の企画書は"動"の企画書。生きたビジネスプランであり、経営者にとって使い勝手のよいツールでした。 私どもではコンセプトとターゲットを絞り込むことで急成長を遂げることができました。 さらに「担当アドバイザー」も心強い存在。ビジネスの問題をスッキリ解決してくれる実力は"企画の敏腕エージェント"と言えるかもしれません。

大企業のようなマーケティング手法ではなく、会計人にとって必要なのは、売上に困るお客様を元気づけられる企画の立案だと思います。  売上は上げたい。しかしお金はかけられない。それは多くの中小企業が抱える悩みの種です。 企画塾の提唱する『CTPTマーケティング』に出逢うまでは、私たちもその現状を打破するのは難しいと思っていました。受講中に『CTPTマーケティング』の考え方を下地にした企画書を書いてみて、「マーケティングは大企業のものだけではない。中小でもやり方を変えれば、お金をかけずに"売れる仕組み"を構築することができる」と実感。私どものお客様の中にも、この考えを取り入れ、順調に成長するお客様がいらっしゃいます。世界で活躍する企業もあれば、のどかな田園風景の中で、地元に根ざして努力する企業もある。私たちは主に後者に対して、役立つ企画を提案したい。その本質を企画塾で習得することができたと思います。

クリエイティブだけでは勝てない時代に確かな費用対効果をもたらす企画とは何か競合と差別化できる力を得られました。  「企画=インパクトのあるアイデア」。デザインの現場では、そんな風潮があります。しかし、話題性やユーモアに走ってしまうと、お客様の真の目的を達成できないリスクがある。ここで学んだ企画とは、僕が思い描いていた企画とは違って、「競合プレゼンで他社よりいかに目立つか」よりも、「キャンペーン、販促プロモーションを実行し、いかに目標値を達成するか」に注力したもので、一般的な広告会社、制作会社が一番苦手とする広告効果の数値化もキッチリ押さえているんです。これは衝撃でした。慣れない当初は迷いや不安なところもありましたが、書いているうちに「クリエイティブの力を最大限に生かす、必要な設計書」だと痛感。このメソッドを味方にして、競合のクリエイターにない強みを活かし、お客様の広告価値の向上に貢献していこうと思います。
マーケティング・プランナー(MP)養成特別講座 オリエンテーション詳細
開催日時2012年9月25日(火) 19:00~21:00
会場AP渋谷 Dルーム
詳細はこちら
参加費無料

MP講座オリエンテーション申込
予約販売の受付は終了いたしました。

これはA-Form評価版です