No Category

増販増客◆個客消費シフトの法則 

2011年7月14日 17:42
06.jpg
 個々の顧客(個客)には、その人の生活に根付いた、サイフの使い方がある。自分で仕事を持つ女性経営者の場合、
ファッション商品を月額、20万~30万円購入する人は希ではない。両親同居の若い女性も、年収の半額をファッション
に使う人も多く、多店から商品を購入し、また習慣的に行く店を決めている。
 お店側も、「ウチは安いモノしか置いていないから...」
 と、勝手に決めてチャンスを逃している。
 催事販売の長所は、自店の取扱外商品も扱う結果、売上高は上昇し、お店の認知が高まり、来店機会が増え、催事
開催店は、人間関係もよくなりファンが増える。
 こうして消費シフト(消費店舗のシフト)が起こり、A店は大きく潤うものの、個客のサイフの事情が悪くなるわけではない。
 ただし、競合店には厳しい状況が起こる。
 こうした個客消費シフト、使う店をシフトさせ、自店消費を増やすのが催事販売だ。

Archive